HOME > デール・カーネギー・プログラム > デール・カーネギーとは

デール・カーネギーとは

「自己実現」という願望は、人間なら誰でももつ欲求であり、それをどのように獲得するかは、人類永遠のテーマでもありました。 しかし、どう成功を望もうとひとりだけの力でそれを勝ち取るのは不可能です。

歴史を振り返ってもわかるように、成功を手にした人には必ず周りに、良き理解者、協力者がいました。 逆に、いかなる才能を持った人でも、周りから反目されたがゆえに、不遇な人生を歩んでしまったという例は数限りなくあります。

つまり、成功を獲得するために、あなたに必要とされるのは、人の心を掴む表現力や説得力、チャンスを逃さない行動力や創造力、人の能力を引き出す指導力、難局を克服するための洞察力や精神力といった、人を引きつける力を形成する、あなたの潜在脳力です。

そして、このような、あらゆる潜在脳力を最大限に引き出すノウハウを、システマティックにプログラム化した人がいます。 人の心を開かせて成功する・・・その方法を考えたのが、デール・カーネギー です。

デール・カーネギーはまさに90年以上も前からマネージメントの基礎となる人間関係構築のノウハウを提供 しています。

デール・カーネギー経歴

デール・カーネギー

1888年、米国ミズーリ州の農家に生まれ、州立学芸大学卒業後、雑誌記者、俳優、 セールスパーソン等雑多な職業を経て、YMCA弁論術担当となり、やがてD・カーネギー研究所設立。人間関係の先覚者として名声を博す。

1936年に「How to Win Friends and Influence People(邦題:人を動かす)」を出版するや、一躍全米でベストセラーとなりました。

「人を動かす」は、「道は開ける」とともに、自己啓発書の古典的名著として、今なお世界中で読み継がれ、日本でも非常に評価が高く、また人気のある作品です。

世界的ベストセラーの「人を動かす」という本の中で、デール・カーネギーは、交渉相手を動かす3つの原則を説いています。

  • 1つ目は「相手の自尊心を満足させること」
  • 2つ目は「相手の立場でものを考える」
  • 3つ目は「相手の役割に重要感をもたせる」

自分の思考・行動・態度が、相手の思考・行動・態度に影響を与えます。相手の行動は、自分の態度の反映だということです。

デール・カーネギーが長年の研究と自らの経験によって見出した説得・交渉術のノウハウ。

人から信頼と共感を得られる話し方の技術と、人生にわたる円滑な人間関係を築くデール・カーネギー・プログラムでその秘訣を身につけ、 自分自身を高いレベルへとバージョンアップしてみませんか?

そのチャンスは今、あなたの目の前にあります。


ナポレオンヒル名言集「お金と人生の法則」

ナポレオンヒルプログラム

ジョセフマーフィープログラム

マクスウェルマルツプログラム

SSPS-V3プログラム

デールカーネギープログラム

サイト内検索


このページのトップに戻る