HOME > ナポレオン・ヒルとは

ナポレオンヒル博士


ナポレオンヒル博士

1883年10月26日-1970年11月8日
文学、人文学、哲学博士。
1908年、駆け出しの新聞記者としてアンドリュー・カーネギーに出会って以来、カーネギーの要請で万人が活用できる成功の秘訣の体系化に着手。

アンドリュー・カーネギーの尽力により各界から著名な成功者総勢500名以上の協力を得る。20年後の1928年に初期の成功プログラム「THE LOW OF SUCCESS」が完成。

そして実践の場で有効性を徹底的に調査し、再び検討を重ね、1960年、ついに『ナポレオンヒル・プログラム』を完成させる。

この間、ウッドロー・ウィルスン大統領(米国)の広報担当補佐官、フランクリン・ルーズベルト大統領(米国)の顧問官を歴任。

また、講演家としても活躍。大富豪の一人としてもその名を残している。ナポレオンヒル財団を設立した後、1970年に87歳で没。


ナポレオンヒル博士の「成功」の定義

成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標(願望)を、黄金律に従って一つひとつ実現していく過程である。
※黄金律とは、自分がそうして欲しいと思うことは、何よりもまず他人にそうしてあげること。


ナポレオンヒルの成功哲学

  1. どんな逆境でも、それと同等か、それ以上の利益の種が込められている。
  2. 高い願望や目標に向かって努力すれば、その努力の過程においても、これまでと違った何か素晴らしいものを発見できるものだ。
  3. PMA(積極的心構え・肯定的心構え)の精神で努力を維持すれば、成功は達成できる。
  4. どの分野でも成功者になるのに必要なのは、実行、実行、実行・・・の集積である。
  5. 人間の偉大な力は、つねに心の中に成功を具体的かつ鮮明にイメージし、言葉でそれを表すことの習慣から生まれてくる。


あなたが熱意を持って考え、できると明確に信じたことは、
すべて実現させることができる。- ナポレオンヒル -


ナポレオンヒル名言集「お金と人生の法則」

ナポレオンヒルプログラム

ジョセフマーフィープログラム

マクスウェルマルツプログラム

SSPS-V3プログラム

デールカーネギープログラム

サイト内検索


このページのトップに戻る