HOME > メンタルブロック(内制止)

メンタルブロック(内制止)

メンタルブロックとは

人間の脳というのは、みんな同じように構成されています。

しかし、ものの考え方は育った環境により様々です。

同じ事象に対してポジティブに捉える人もいれば、ネガティブに捉える人もいるのです。

たとえば、あなたはコップの中に半分入っている水を見て

「まだ半分ある」と思いますか? 

「もう半分しかない」と思いますか?

私たち日本人は欧米人に比べ、物事を否定的に捉えがちな民族だとも言われています。

「どうせ無理だろう」

「~できっこない」

このようなネガティブな思い込みを心理学で「内制止」=「メンタルブロック(心の壁)」と言うのです。

メンタル・ブロックは本来、自己防衛のためにあり、多かれ少なかれ誰しも備えているものです。

ですが、この固く閉ざされた扉を開くことができて初めて、自分の心を潜在意識のレベルから変えていく準備が整うのです。

148,000回の否定語

心理学の権威シャド・ヘルムステッター博士によると、私たち人間は生まれてから20才になるまでの間に、普通の家庭で育った人で合計14万8000回もの否定的な言葉を、様々なメディアを通じて聞かされているそうです。

しかし、その一方で、積極的な言葉というのはそれほど多く耳にする機会はありません。

仮に耳にしていたとしても、その数は否定的な言葉と比較すれば圧倒的に少ないといっても過言ではないでしょう。

このように否定的な言葉を何百回、何千回と聞かされているうちに、潜在意識には「できっこない」「無理だ」という行動を抑制する否定的なプログラミングがなされてしまうのです。

メンタル・ブロックは、2~3歳頃から形成され始め、10歳頃でほぼ確定すると言われています。

なぜかというと親・兄弟、学校の先生の言葉、テレビ等から流れる悪いニュースによって、ネガティブな情報が影響し、メンタル・ブロックが自然に形成されてしまうのです。

私たちの生活環境はネガティブな言葉であふれ返っているともいえるのです。

エレファント症候群

インドでは捕獲してきた象を調教する時に、足に鎖を巻いて大きな竹につなぎ、地面に打ち付けます。

象はなんとか逃げ出そうと試みるが、あまりにも頑丈につながれているので、やがて逃げ出そうすることを断念してしまいます。

いったんこうなれば、今度は小さな竹につないだおくだけでも逃げ出そうとはしません。

象の意識の中に「逃げ出すことは不可能だ」というメンタル・ブロックが形成されてしまうからです。

これを「エレファント・シンドローム」と呼びます。
エレファント・シンドローム


メンタル・ブロック・レベル度チェック表

普段の生活の中で、つい「マイナス思考」が働いてしまうことは多いものです。日常生活での自分を振り返って、下記の質問のうち「どちらかといえばそうだ」と思われるものはチェックをつけてみよう。

 ミスをしたとき、自分の責任をまず先に考えてしまう。
 ミーティングのときに、自分の意見が思うように言えない。
 思った通りに事が進まない時に「まぁ、いいか」と妥協してしまう。
 不得意な仕事や問題の処理は、いつも最後に回してしまう。
 友人や同僚に劣等感を持つことがある。
 自分の才能は、この程度のものだと思っている。
 集団の中にいるより、一人でいるほうが気が楽だ。
 友人・同僚・上司に苦手なタイプがいる。
 異性と気軽に話したり、話しかけたりできない。
 勉強や仕事などで「やったぞ!」という感覚を味わったことがない。
 人からものを頼まれると気が重くなる。
 同じことをしても褒められる人間と、褒められない人間がいると思う。
 人前でスピーチをするのは得意ではない。
 月曜の朝は、気持ちが憂鬱になることがある。
 初対面の相手と話すとき、話題に苦労する。
 街中では周囲の騒音が気になって落ち着かない。
 休みの日は疲れて一日中寝ていることがある。
 新しいことに挑戦する気持ちがぜんぜん湧かない。
 昼食のメニューはいつも同じものだ。
 最近、ぼ~っとしていることが増えた。
 自分に責任がないのに謝ったりしてしまうことが多い。



さて、チェックはいくつありましたか?

  • 0~7個の人

    物事に前向きに取り組んだり、対人関係でもポジティブに人間関係を築いていける可能性を持っています。

    ただし、前向きな気持ちが空回りしないように、自分の中に行動基準を持つように留意しましょう。

  • 8~14個の人

    調子のいい、悪いの波があり、一度失敗したりするとマイナス思考の悪循環にはまってしまう危険性がとても大きいです。

    ポジティブで前向きになれないときには、自分の心の中を見つめ直して、問題の根本的原因を調べることが大切です。

  • 15~21個の人

    願望達成や良い人間関係を築く上で、心に重りをぶらさげている感じです。物事を悪いほうへと考えてしまう性格は、早急に改善する必要があります。


ネガティブ思考からポジティブ思考へ

毎日をネガティブな状態で暮らしている人は少ないでしょう。

しかし、メンタルブロックの厄介なところは、一度現れると潜在意識の中に刷り込まれ、なかなか排除しにくい性質であることです。

こうしたメンタルブロックに阻まれていると、本来自分が持っている脳力をすべて発揮できないばかりか、逆に脳力を低下させてしまいます。

では、なぜメンタルブロックが脳力を阻害するのでしょうか?

その秘密は、脳の大脳辺緑系という部分にあります。

ネガティブな感情を思い浮かべると、大脳辺緑系にストレスがかかり、脳全体の働きが低下してしまうのです。

さらに、ネガティブ思考を繰り返すことで、メンタルブロックはより一層厚みを増し、脳の働きをどんどん弱めてしまいます。

では、メンタルブロックを除去する方法はあるのでしょうか。

その方法として有効なのが、アルファ支配で行う「過飽和入力」というテクニックがあります。

積極思考に関するメッセージを集中的に脳へと流し込む科学的手法を意味します。

これによって潜在意識の中にポジティブな情報が蓄積され、メンタルブロックが浮かびにくい強靭な脳を作り出すことができるのです。

別の言い方をすれば、脳にインプットされているネガティブ思考をプログラミングし直すと言うことです。

脳はネガティブ思考からポジティブ思考へと転換されていき、それに伴って、潜在脳力も一気に覚醒しやすくなるのです。



人生をもっとポジティブに生きるために何をしますか?



ナポレオンヒル名言集「お金と人生の法則」

ナポレオンヒルプログラム

ジョセフマーフィープログラム

マクスウェルマルツプログラム

SSPS-V3プログラム

デールカーネギープログラム

サイト内検索


このページのトップに戻る