HOME > ナポレオンヒルの成功哲学とは

ナポレオンヒルの成功哲学とは

25歳の頃のナポレオンヒル

1908年、25歳だったナポレオンヒルは、雑誌記者として当時世界一の鉄鋼王にして大富豪のアンドリューカーネギー(一代で築いた資産15兆円)にインタビューする機会を得ました。

ナポレオンヒルの才能を見抜いたカーネギーは、「私が一生をかけて培った成功の秘訣を君に伝えたが、この成功の秘訣を裏付けるために、万人に共通した成功哲学を体系化する事業を引き受けないかね。

それは今後20年間に及ぶだろうが、資金援助は一切なしだ。ただし、これから必ず成功すると思われる多くの人々を君に紹介する」という提案を持ちかけます。

ナポレオンヒルは一切の否定的な考えを自分から捨て去り、この偉大な事業を引き受ける決心をしました。この決断に要した時間はわずかに29秒でした。

事業の真義と自分が成し得なければならない成功哲学の体系化、すなわちプログラム開発の重要性を瞬時に理解したナポレオンヒルは、多くの人々を繁栄と心の平安に導くチャンスをつかんだのです。

カーネギーの志を受けてナポレオンヒルが着手したプロジェクトは、想像を絶する規模で展開されました。20年の歳月をかけて、カーネギーが紹介した507名にものぼる成功者たちの協力を得て、1928年に初期の成功プログラム(THE LOW OF SUCCESS)は完成しました。

ナポレオンヒルとトーマスエジソン

ナポレオンヒル・プログラム開発の協力者の中には、人類史上トップの大富豪としても名を残している石油王 ジョン・D・ロックフェラー(純資産30兆円)、トーマス・A・エジソン(発明家)、ヘンリー・フォード(自動車王)、A・グラハム・ベル(電話の発明家)、ジョン・P・モーガンJr(世界最大の金融商社創立者)、ジョージ・イーストマン(フィルムメーカー コダック社創業者)、マハトマ・ガンジー(インド独立の父)、セオドア・ルーズベルト(米国第26代大統領)、ウッドロー・ウィルソン(米国第28代大統領)、フランクリン・D・ルーズベルト(米国第32代大統領)、ウィルバー・ライト(飛行機の発明家)、トーマス・J・ワトソン(IBM創立者)と言った成功者が含まれていました。この協力者の多くの人物たちは、アンドリュー・カーネギーの成功哲学実践者でもありました。

あらゆる成功法則の源流

アンドリューカーネギーが基礎を作り、ナポレオンヒルが体系化した、この世界初の成功哲学に関するプログラムは、あらゆる成功法則の源流となり、また次々と数多くの成功者たちを今なお輩出し続けています。

そして、W・クレメントストーン(世界最大の特殊保険会社創業者、米国ナポレオンヒル財団初代理事長)により新たに、ヘレンケラー(三重苦を克服した社会教育家)、ジェームズ・バーク(ジョンソン&ジョンソン社会長)、スティーブ・ジョブス、スティーブン・ウォズニアック(アップル・コンピュータ創業者)、ジョン・スカリー(ペプシコーラ元会長、アップル・コンピュータ前会長)、アーノルド・シュワルツネッガー(映画俳優)など、2000余名の協力者も加えられ、さらに60年の歳月を費やして1988年に現在の成功哲学「ナポレオンヒルプログラム (PMAプログラム&HSSプログラム)」が完成しました。

成功者に共通する資質や考え方、行動パターンなどを検証し、誰もが活用できるノウハウとして体系化された成功哲学「ナポレオンヒルプログラム」は、時代の状況に沿って改編を続けながら、一世紀に及ぶ密度の高い研究と実証の歴史に支えられ、成功への積極的かつ的確な行動を促す普遍的な成功プログラムなのです。

あなたは、どうしても叶えたい夢や目標はありますか?

もし、思うように願望実現や問題解決しないのであれば、そこに目標を達成させない、あるいは問題解決しない要因があり、それを認識し、解決することが主たる目標になるはずです。

成功したい、願望を実現したい、豊かな人間性を養いたい、もっと健康になりたいなど、それらを実現させる普遍的な成功哲学がナポレオンヒル成功哲学「ナポレオンヒルプログラム」には体系的に組み込まれています。

成功には一定の法則があり、それを認識し、理解し、具体的な行動を続ければ、誰でも望む人生を実現できます。実証済みのナポレオンヒル成功哲学の有効性と威力を、身を持って実践すれば、より豊かで素晴らしい人生を、あなたは次々と引き寄せることができます。

あなたが目標や願望を達成した時に得られるものは何ですか?


ナポレオンヒル名言集「お金と人生の法則」

ナポレオンヒルプログラム

ジョセフマーフィープログラム

マクスウェルマルツプログラム

SSPS-V3プログラム

デールカーネギープログラム

サイト内検索


このページのトップに戻る