HOME > 速聴とは > 速聴で19の脳力が向上 > 理解力

理解力

インターチェンジ効果で相手の話を的確につかみ、
戦略的思考も高まる

速聴によって認識のバイブレーションが細やかになると、通常よりも大量の情報を一度に処理できるようになります。

日常会話においても相手の話がゆっくりと聞こえるようになり、会話の内容を正確かつ素早く理解できるようになります。理解力がつくことで必然的に集中力も身に付き、記憶力も高まっていくのです。

ユーザーアンケートを見ると、「人の話がゆっくり聞こえて、聞き返すことなく理解できるようになった」という効果をたくさんの人が得ていることがわかります。

ところで、自分がしゃべりすぎて相手の話に素直に耳を傾けられないという人、あなたの周りにも居るのではないでしょうか?

ここで自身の体験を話してくれているM・Sさん(34歳・男性)も例にもれず、そんな一人だったようです。

不動産会社勤務を経て父親の経営する土木・建築会社に営業マンとして入社したMさんは、飽きっぽい性格の自分を変えたいと思っていたそうです。

もともと自己啓発や脳力開発に強い関心を持っていたこともあり、さまざまなビジネス書を読んだり、成功者の行動を実践してみるのですが、長続きせず、ジレンマに陥ってしまいます。

自分を見つめ直すキッカケもありました。時間の徹底的な管理も試みました。しかし、何かが邪魔をしているようで、どうしても効果が見出せないでいるとき、速聴の存在を知ったのです。

体験談

理解力がアップして集中力もつき、継続できない
自分が変わった! さらに戦略思考が身に付いた

M・Sさん(34歳・男性)

私は2002年の1月に、盲目のバイオリニストのコンサートに出かけました。

その演奏の素晴らしさに感動すると同時に、どうして目が見えないのに、あれだけの演奏ができて成功できたのかと考えると自分が恥ずかしく思えて、本気で自分を変えようと誓ったのです。

この日をキッカケにして、ムダに使っていた時間を削って仕事に打ち込み、終わればまっすぐに帰宅してビジネス書を読む、そんなふうに心がけたんです。

でも1ヶ月経った頃、愕然としました。

私がやってきたことは、時間の使い方を変えただけで中身は何も変わっていなかったんです。自分を変えたい一心で努力しているハズなのに、ちっとも成果が得られないままのジレンマに落ち込みましたよ。

そんな中で、速聴を始めたんです。

聴き始めると脳が刺激されているって実感できます。内容もわかりやすくて、前向きな気持ちになってきます。今まで継続が苦手だったのに1年以上活用してるんですよ。とにかく驚きの連続でした。

「しゃべりすぎ」の私が聞き上手に

速聴を始める前の私は、とにかく「成功したい。両親を安心させたい」と思いつつも、頑固な性格が災いして、周囲からのアドバイスを素直に聞けませんでした。

社長や副社長から、事務仕事のことはもちろん、「お前はしゃべりすぎる」と叱られることが多かったんです。それが今になって、注意された意味がわかるようになりました。

それだけじゃありません。
生活や仕事にリズムができて、物事を先送りしないスケジュール管理ができるようになったり、普段の仕事でも戦略的に筋道を考え、問題点や改善点を進んで提起するようになりました。すると、上司たちの注意も減っていったんです。

私は気付きました。

夢や目標を達成するには、やみくもでは不可能だということ。

確実にステップアップするために、目標設定が必要だと理解したんです。それに、周りの人の協力を得るためにも、まずは自分が協力者になれるような気持ちで、周りの方々と話すことができるようになりました。

今後は、資格を取得したり、仕事に対するスキルを上げることはもちろん、新たな夢や目標を掲げて、それに向かって自分を向上させていきたいと思います。

そして、より多くの人に速聴を体験してもらいたいと思います。成長したいのにできないと悩んでいる人はたくさんいるんじゃないかって思えるから。

それが、私のように解決し、脳力を高めることができるんですからね。決してムダになりません。あのときに、良い決断をしたと思っています。


判断力


ナポレオンヒル名言集「お金と人生の法則」

ナポレオンヒルプログラム

ジョセフマーフィープログラム

マクスウェルマルツプログラム

SSPS-V3プログラム

デールカーネギープログラム

サイト内検索


このページのトップに戻る