HOME > 速聴とは > 速聴FAQ

速聴FAQ

Q1.速聴とは何ですか?

A1.一言で言えば、高速音声が聴覚を通じて大脳の言語中枢である「ウェルニッケ中枢」を刺激し、脳を活性化させることで、さまざまな脳力が開花する脳力開発システムです。

言葉のスピードを3倍速や4倍速にして聴く「速聴」では、聴き取れない言葉を何とか理解しようと、言葉を理解する役目をになう「ウェルニッケ中枢」(言語中枢)の神経回路が発達しはじめます。

ウェルニッケ中枢は言語に関わるだけでなく、脳内の記憶や知覚、認識、運動などをつかさどる各領域とネットワークでつながっている、大脳のゴールデンスポットともいえる場所です。

「速聴」によってウェルニッケ中枢が刺激されると、その刺激は各領域へのネットワークを通じて脳全体に広がっていきます。こうした、「速聴」によって全脳が活性化されていく作用を、「汎化作用(はんかさよう)」と呼びます。

「速聴」で得られる「脳の活性化」の状態は、じつは高速道路をドライブしているときに一時的に体感しています。

高速走行しているとき、ドライバーは安全運転をするために超高速で過ぎ去る標識を瞬時に見分け、全脳をフル回転させてハンドルを握っています。

ところが、高速道路から一般道路に入り、走行速度を落としても、脳はすぐには低速運転に順応できず、しばらくはフル回転のままです。

すると、たとえば時速40kmで走っていても、フル回転の脳にとっては時速20kmのようにゆっくりと感じられ、車外の過ぎ去る風景を詳細にとらえることができるのです。

つまり、高速走行により全脳が活性化され、認識力が高まったということなのです。この、脳の活性化による認識力の高まりを、「インターチェンジ効果」と呼んでいます。

「速聴」は、何回も高速音声の聴き取りをくり返すため、この「インターチェンジ効果」を持続させることができます。そして「インターチェンジ効果」によって、脳の中ではそれまで眠っていた潜在脳力が目を覚ましはじめます。

つまり「速聴」の効果とは、 単に音声が速く聴き取れるようになるだけでなく、集中力記憶力といった潜在脳力を開花させ、脳の可能性を引き出していくものなのです。


Q2.速聴を開始してから、脳力がアップするのはいつ頃ですか?

A2.速聴を始めてから、大半の方が早くて2~3週間。遅くとも2~3ヶ月以内には、さまざまな脳力のアップを実感されているという調査結果が報告されています。

体を鍛えるトレーニングと同じように、「速聴」も毎日定期的に継続して行うことが確実な脳力アップへの秘訣です。

1日20分程度の「速聴」をして頂ければ、日増しにさまざまな脳力が開発されていく楽しさを実感して頂けることでしょう。


Q3.速聴による副作用などはありますか?

A3.ございません。鼓膜にも負担をかけません。

私たちは日頃、「速聴」よりも高速の音声(モーターやエアコンの音など)を多く耳にしています。それらによって鼓膜に損傷を受けることがないのと同様に、「速聴」が鼓膜に負担をかけることはございません。

言語中枢(ウェルニッケ中枢)に対しても、「速聴」は発達をうながす刺激になるものであって、悪影響をおよぼすものではございません。


Q4.速聴をやめたら元に戻るのでしょうか?

A4.基本的には戻りません。

1回聞いただけでは覚えにくい電話番号や住所などを、くり返し唱えて記憶するように、「速聴」もこれと同じ脳の仕組みを利用しています。

このくり返して記憶する脳のメカニズムは、活性期と定着期に分けることができます。

「活性期」は、外部からの刺激によって言語中枢(ウェルニッケ中枢)の働きが活発になりはじめる時期で、まだ脳神経細胞同士の結びつきが完全にはでき上がっていません。

「速聴」は、この段階でやめてしまうと、「速聴」前の状態に戻ってしまいます。

「活性期」に入ってからも脳にくり返し刺激を与え続けることにより、脳は「定着期」に入り、脳神経細胞同士が密接に結びついて脳内ネットワークができ上がってきます。

この段階まで到達すれば、「速聴」をやめたとしても、基本的に元に戻ることはありません。

しかし、人の通らない道がやがては荒れ果ててなくなるように、使われない脳内ネットワークは結びつきが弱くなり、サビついてしまいます。

密接な脳内ネットワークを維持するためにも、「速聴」は、くり返し聴いて頂くことをお勧めします。

※「定着期」に入る期間には個人差がございます。


Q5.速聴の効果が現れるまでの時間に、年齢差はあるのですか?

A5.速聴の効果には、年齢による著しい差は生まれません。

音声の聴き取り脳力に関しては、一般的には年を経るごとに高音域から聴き取りにくくなっていくと言われています。

しかし「速聴」の効果に関しては、年齢による著しい差は生まれません。

逆に「速聴」を使用することで聴き取り脳力をアップさせることが可能ですので、結果的に高齢の方でも十分に脳を活性化することができるのです。

実際、70歳以上の方からの脳力向上レポートも寄せられています。年齢を気にされる必要はまったくございません。


Q6.2倍速再生できる市販のオーディオ機器でも、速聴効果を得られますか?

A6.まずございません。

通常、音声は倍速をかければかけるほど「キュルキュル」といった高音となり、聴きづらくなります。

それを音声として認識できるようにデジタル処理をする技術をそなえたものが、エス・エス・アイの速聴機なのです。

ただ早回しできるだけのオーディオ機器で再生される音声は、聴き取りづらく、耳ざわりなだけでしょう。

しかも、「速聴」効果が現れるのは(個人差がありますが)2.7倍速以上の聴き取りができるようになってからなので、2倍速以上にならないオーディオ機器で「速聴」効果を得ることは困難だと考えられます。


Q7.速聴によってどんな効果が得られますか?

A7.脳全体が活性化し、数多くの潜在脳力が開花するため、性格面や仕事面、学業や人間関係面と様々な側面で良い結果が生まれます。

ユーザーからのレポートによると、おもに語学の習得や資格取得などに役立てて頂いているとの声が寄せられています。

また、営業成績の向上につながったという方においては、昇進、給料アップなどの成果も得られています。


Q8.速聴対応プログラムには、どのようなものがあるのですか?

A8.脳力開発プログラム には、次のようなものがあります。''

ナポレオン・ヒル・プログラム

ナポレオン・ヒル博士による成功哲学を17の成功ノウハウに体系化したプログラム。

世界100カ国以上の国々で紹介され、一世紀に及ぶ歴史をもつナポレオン・ヒル・プログラムは、完成に至るまでに投入された多大なエネルギーもさることながら、歴史、実績という面においても優れていて、世界的にも類を見ない高い評価と信頼を得ています。

プログラムを実践し、成功を収めた世界的な実業家が数多く存在しています。

SSPS-V3プログラム

「ヤル気」を持続させるプログラムを組み込んだ、自己実現、潜在脳力開発システム。

願望・目標はあるが、なかなかうまく実現にまで至らない、あるいはもっと大きな願望を実現したい、何を目標として生きたら良いかがわからない、などといったさまざまなタイプの人々のために、20年の構想と莫大な研究費用を投じて完成させた逸品です。

米国最大の自己開発研究機関ナイチンゲール・コナント社に依頼し、完成された、世界でも類を見ない自己実現/潜在脳力開発に最良のシステムです。

ジグ・ジグラー・プログラム

全米 No. 1のモティベーターであるジグ・ジグラーによる成功必達のプログラム。

世界各地で発行されたジグラーの書籍は、500万部以上のベストセラーとなり、アメリカ、カナダなどの3000以上の大学ではテキストとしても使われています。

それは、彼がトップセールスパースンとして培ってきた、独創的なアイデアとテクニックの結晶なのです。「成功の伝道者」が語る成功必達の哲学で、人生の真の成功を実現していけることでしょう。

ピーカボー・プログラム

大脳生理学にもとづき開発された、高速英語習得プログラム。

英語習得に「速聴」を取り入れることにより、言語中枢(ウェルニッケ中枢)を刺激して大脳に英語専用の言語野を開拓し、英語の習得を確実なものにします。

さらに、ナポレオン・ヒルの「巨富を築く 13 の条件」の要素や、ビジネス・スキルとして必要不可欠な交渉術を説いたロジャー・ドースンの「史上最強の説得・交渉術」、ビジネス用語やビジネス・センスを加味したビジネス・パースンの常識を習得する「コミュニケーション活用術」などがコンテンツとして盛り込まれているので、英語を習得しながらビジネス・スキルもマスターできます。

これら以外にも、多くのプログラムや組み合わせがあります。お客様の目的・目標・願望に合ったプログラムがきっと見つかると思います。

脳力開発プログラム のページを参考にご覧ください。


Q9.長続きをした試しがありません。そんな私にもできるのでしょうか?

A9.ご心配ございません。

当社には、お客様一人ひとりに担当のインストラクターがトータル・サポートしていく「担当インストラクター制度」を採用しているほか、お客様のプログラム・トレーニングをフォローする「ユーザーズ・クラブ」、個人カウンセリングやコーチング、各種セミナー といったサポート・システムがございます。

これらによって、定期的な電話やメールによるフォロー、各種セミナーを通じてフォローさせて頂いております。

また、ユーザー会報誌「Insight(インサイト)の配布を通じて、常に一定のサポートが受けられるような万全の体制と、情報を手に入れて頂ける環境を整えているため、安心してプログラムに取り組んで頂けることと思います。


Q10.ユーザーの会のようなものはありますか?

A10.ユーザー交流会を全国各地域で開催しております。

また、先に述べたように毎月ユーザー会報誌「インサイト」を配布差し上げるほか、ご希望の方への特別会員制度も設けており、お一人でトレーニングをされているといった心細さは決して生まれません。

同じ価値観を持ったユーザー同士が、成果を出すための最高の環境下で、プログラムに取り組んで頂けることと思います。


Q11.自分に自信がない私でも成果が出せますか?

A11.ご心配はいりません。

心構えや習慣を改めるためのプログラム・トレーニングを進めるうちに、解決されていく問題もございます。

ご使用にあたっては、各フォロー・スタッフの丁寧なケアによって、どのような状態からでも積極的な発想を確実に習慣化して頂けるよう、あなたのお手伝いを致します。


Q12.主にどのような人がプログラムを使っているのですか?

A12.目的や年齢、職業がさまざまに異なる幅広い層の方々に活用いただいています。

例えば、大学合格を目標とする学生の方から、資格試験突破を目指す方、起業を目指す方、事業のさらなる成長発展を目指す方、豊かな人間性や教養を養いたい方、家庭生活をより良くしたいと願う主婦の方、昇進昇格昇給を望む会社員の方、脳を衰えさせないために使用されているご高齢の方など多岐にわたります。

脳力開発プログラム


ナポレオンヒル名言集「お金と人生の法則」

ナポレオンヒルプログラム

ジョセフマーフィープログラム

マクスウェルマルツプログラム

SSPS-V3プログラム

デールカーネギープログラム

サイト内検索


このページのトップに戻る